平成27年度 昭和伊南総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 23 36 47 78 155 273 618 966 1021 246
当院の平成27年度の退院患者数は3,463人で、平均年齢は71.7歳となっています。最も多い年齢層は80~89歳で、60歳以上の患者さんが82.3%にのぼり、地域の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 147 3.09 3.07 2.72 67.75
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 138 14.07 14.34 2.90 76.52
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 16.01 18.30 2.70 83.51
当科は、狭心症等に対する心臓カテーテル治療や検査の症例が最も多くなっています。次いで高齢者が肺炎や心不全で入院される場合が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 5.00 5.72 0.00 4.00
040100xxxxx00x 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし - - 6.31 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.83 - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科の入院は、小児に多い肺炎、気管支喘息、上気道炎などの急性期疾患です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 9.77 9.17 0.00 67.11
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 31 16.45 13.03 0.00 67.48
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 15.78 17.41 0.00 69.81
当科は、腸閉塞症例が最も多くなっています。悪性腫瘍の患者さんに対しては、肺や結腸などの手術を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 10 22.80 21.52 0.00 83.90
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし - - 24.28 - -
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 - - 28.70 - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は、高齢者に多い腰椎圧迫骨折や骨粗鬆症、大腿骨頸部骨折などの症例が多くなっています。救急医療を含む急性期医療を中心に回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟を持ち、地域完結型医療を目指しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.54 - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 6.14 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.86 - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は、眼瞼下垂、軟部腫瘍、鼻骨骨折などの症例を診療しています。また、外来で対応できる手術は、外来でも行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 51 23.82 18.08 1.96 77.78
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 7.35 7.03 3.85 49.85
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 19.70 10.02 8.70 73.83
地域の中核病院として、急性期の脳梗塞を多く受け入れています。急性期を脱した患者さんは、地域の医療機関と連携し、回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟で対応しています。また、外科的治療が必要な外傷性・非外傷性にかかわらず、慢性硬膜下血腫等の治療を多く行っています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 24 67.17 16.83 0.00 81.54
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 16 109.19 18.08 0.00 79.25
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 15.80 - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は、当院で手術を行った急性期の患者さんだけでなく、回復期リハビリテーション病棟を設置し、地域の医療機関と連携しリハビリが必要な患者さんを受け入れ、地域密着型の総合的リハビリ医療を実践しています。(当院の一般病棟から回復期リハビリテーション病棟への転棟後の期間が入っているため、平均在院日数が長くなっています。)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 8.82 7.59 0.00 73.29
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 10.25 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし - - 9.68 - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は、膀胱悪性腫瘍の症例が最も多くなっています。手術は膀胱悪性腫瘍や前立腺肥大症で、侵襲性の低い経尿道的手術を行っています。また、尿路疾患の診療も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 6 9 15 4 20 1 7
大腸癌 25 8 26 19 4 22 2 7
乳癌 16 36 3 0 0 8 1 7
肺癌 20 3 11 15 1 24 1 7
肝癌 1 1 2 2 3 4 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について、初発患者の病期分類(ステージ)による患者数、再発患者の患者数を示しています。がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」とし、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」としています。

病期分類(ステージ)は、がんがどれくらい進行しているかを意味します。病期分類は数字が大きいほど「進行しているがん」であると表され、StageⅣが最も進行していることになります。なお、Stageの決定は、UICC(国際対がん連合)または癌取扱い規約の病期分類に基づいています。

当院では大腸癌の患者さんが最も多く、次いで胃癌、肺癌の患者さんが多くなっています。また、StageⅠの早期癌だけでなく、StageⅣの末期癌の患者も多くなっています。
当院では患者さんのQOL(生活の質)に合わせた集学的治療や緩和ケアなど総合的ながん治療を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 8.57 53.86
重症度 1 38 13.84 80.24
重症度 2 40 14.25 82.50
重症度 3 30 25.63 83.80
重症度 4 10 15.60 89.20
重症度 5 - - -
不明 - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

市中肺炎とは在宅で生活を送っている人に発症する肺炎のことを言い、院内肺炎等とは違います。

成人の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。重症度分類は、A-DROPスコアを用い、5点満点で1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点で重症度5が最も重症となります。

重症度が高くなればなるほど平均在院日数が長くなり、平均年齢が高くなる傾向にあります。なお、肺炎の治療を受けられる高齢の患者さんは多いのですが、この指標の疾患には高齢者に多い誤嚥性肺炎などは含まれていません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 10.07 77.73 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 116 50.86 77.89 8.96
その他 18 46.11 78.67 1.49
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

脳梗塞(I63$)の患者さんが最も多く、発症より3日以内の症例が多くなっています。脳梗塞の治療では迅速に治療を行うことが、その後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。
当院は、緊急に治療が必要な患者さんを常に受け入れることができるように体制を整備しています。ハイケアユニット(HCU:高度治療室)を設置し、超急性期血栓溶解療法(t-PA)には24時間365日対応可能です。また、回復期リハビリテーション病棟を設置し、総合リハビリテーション医療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 60 1.92 3.88 1.67 74.70
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 3.54 10.88 8.33 76.48
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 34 4.41 8.68 2.94 78.85
心筋梗塞や狭心症治療に有効である経皮的冠動脈ステント留置術を多く行っています。不整脈治療のペースメーカー移植術も行っています。緊急の急性心筋梗塞などに対しては、24時間診療体制で対応しています。
また、緊急の内視鏡検査や治療も行い、胆管狭窄などに対する内視鏡下の胆道ステント留置術を多く実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 58 1.00 1.52 0.00 65.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 26 1.00 2.58 0.00 63.35
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 23 6.00 17.04 0.00 71.26
当科は、腹腔鏡下によるヘルニア手術や胆嚢摘出術を多く行っています。また、結腸癌などの悪性腫瘍手術も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 12 1.42 12.33 0.00 68.92
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) - - - - -
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 - - - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科の主な手術は、骨折に関するものです。中でも高齢者の方に多い大腿骨骨折の手術を行っています。(患者数は、リハビリテーション科等への転科件数は入っていないものがあるので、実数より少なくなっています。)
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - - - - -
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は、眼瞼下垂症に対する手術や軟部腫瘍摘出術、鼻骨骨折手術など、顔や手足の傷や変形などの治療を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 0.59 16.09 3.13 77.88
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は慢性硬膜下血腫に対して血腫除去術を多く行っています。また、脳動脈瘤や水頭症に対する手術も行っています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

当科は、他の診療科で手術した症例のリハビリを行っています。リハビリが必要な患者さんに関しては、リハビリが継続して行えるように回復期リハビリテーション病棟などで対応しています。(他の診療科で手術して、リハビリテーション科に転科した患者さんが入っています。)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 11 1.00 6.82 0.00 74.09
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
患者数が10未満の数値は「-(ハイフン)」としています。

経尿道的手術とは、尿道から内視鏡を挿入し治療を行う侵襲性の低い手術のことをいいます。当院では膀胱悪性腫瘍や前立腺肥大症に対する手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180010 敗血症 同一 2 0.06
異なる 3 0.09
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 10 0.29
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.43
異なる 2 0.06
医療資源を最も投入した傷病名と入院の契機となった傷病名が同一か異なるかで集計しています。

各症例数の全退院患者数に対する請求率を示しています。

当院では血液内科があり、血液疾患によって引き起こされやすい敗血症や真菌症などの感染症症例があります。また、「手術・処置等の合併症」とは、手術や処置をしたことで起こる病態を指します。合併症は、患者さんの状態によって引き起こされる確立は様々です。
更新履歴
2016.09.21
作成