長野県駒ケ根市の総合病院

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
トップページ > 病院の基本情報 > 部門紹介一覧 > 常勤医師紹介 >  救急センター

救急センター

はじめに

  昭和伊南総合病院救急センターは、長野県南信地域における重症の患者さまの治療に当たる第三次救急医療施設として昭和54年4月に県の指定を受け救命救急センターとして開設されました。救命救急センター指定替え後の平成24年4月からは名称を救急センターとして、重症外傷・脳卒中・心筋梗塞・急性呼吸不全・各種ショックなど重症疾患患者さまの救命を目指して365日24時間態勢で診療に当たっています。当センターは、中央自動車道駒ヶ根インターチェンジに近隣しており、自動車事故などの災害に備え、地域医師会、消防等の諸機関と協力して迅速に対応できる体制も整えています。スタッフは、唐澤幸彦救急センター長を中心に麻酔科医師、各科専門医が診療に当たり、救急看護に卓越した看護チームが看護を行っています。

 



このページトップへ戻る



趣旨

 初期救急医療施設、病院群輪番制等の第2次救急医療施設及び救急患者搬送機関との円滑な連携体制のもとに重篤救急患者の医療を確保します。



このページトップへ戻る



運営方針

  1. 初期救急医療施設及び第2次救急医療施設の後方施設であり、原則として初期救急医療施設及び第2次救急医療施設の転送患者を受け入れるものとする。
  2. 臨床研修医、レジデント等に対する救急医療の臨床教育の場とする。
  3. 脳卒中、頭部損傷、心筋梗塞等の重篤救急患者の救命医療を行うために必要な高度の診療機能を整備するものとする。
  4. 24時間診療体制を確保するものとする。


このページトップへ戻る



施設

ベッド数 12床(HCU12床)、手術室、初期治療室、検査室、 放射線室



このページトップへ戻る



医師スタッフ

唐澤幸彦



このページトップへ戻る



このページトップに戻る

Copyright © Syouwa-inan-byouin . All Right Reserved.
 地図はこちら