長野県駒ケ根市の総合病院

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
トップページ > 新病院建設に関する情報

新病院建設に関する情報

※下から上へ時系列で掲載しています。

[6] (2019[R1].8.4)地域医療講演会を開催しました


    〜住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために。
           地域医療の今後と伊南地域における展望〜

 広く地域住民の皆様に向けて、医療、病院、医師等を取り巻く現状を知っていただくとともに、今後の昭和伊南総合病院を考える機会となるよう地域医療講演会を開催しました。

  • 日 時    令和元年8月4日(日曜日)午後2時
  • 会 場    駒ヶ根総合文化センター 小ホール
  • プログラム ■講演1「昭和伊南総合病院の魅力」
                    講師 : 信州大学医学部地域医療推進学教室特任教授
                      田中榮司 先生
          ■講演2 「昭和伊南総合病院の過去・現在・未来」
                    講師 : 昭和伊南総合病院院長
                      村岡紳介 先生
  • 主催・後援 主催:伊南行政組合
            後援:駒ヶ根市、飯島町、中川村、宮田村
〇講演会チラシ



このページトップへ戻る



[5] 昭和伊南総合病院あり方検討委員会の検討経過

 

[5]−9  第6回あり方検討委員会


  • 日時   令和元年8月24日(土)午後2時
  • 場所   駒ヶ根市役所 南庁舎大会議室
  • 内容
       (1)視察研修の報告について
       (2)経営形態について
       (3)提言書(案)について

〇会議資料
〇会議録
 

[5]−8  研修視察

  • 日時 令和元年7月19日(金)午後1時30分
  • 視察場所 市立恵那病院(岐阜県恵那市)
  • 概要
     市立恵那病院は、平成28年11月に建替えられた新しい病院で、
    許可病床199床、社団法人地域医療振興協会が指定管理者となり
    運営されています。
     研修会では、二次医療圏及び恵那市における病院の役割、
    病院建設事業の概要、自治医科大学からの医師派遣の状況、
    指定管理者制度の運用などを研修しました。
     施設見学では、木材をふんだんに使用し温もりのあるデザイン、
    効率的な諸室配置、工夫されたサイン表示などを見学しました。





 

[5]−7  第5回あり方検討委員会


  • 日時   令和元年7月6日(土)午後2時
  • 場所   駒ヶ根市立赤穂公民館 講堂
  • 内容
       (1)第4回委員会(グループ検討)の
          経過報告について
       (2)新病院の施設整備について
       (3)経営形態について
       (4)提言書の内容検討について

〇会議資料
〇会議録
 

[5]−6  第4回あり方検討委員会


  • 日時   令和元年6月1日(土)午後2時
  • 場所   駒ヶ根市役所 南庁舎大会議室
  • 内容
      (グループ討論)
      〇医師等グループ
      ・・・新病院の役割、機能、規模等について
      〇住民等グループ
      ・・・現状の課題と新病院への期待・要望等について

〇会議資料
〇会議録
 

[5]−5  第3回あり方検討委員会


  • 日時   平成31年3月16日(土)午後2時
  • 場所   駒ヶ根市役所 南庁舎大会議室
  • 内容
       (1)前回までの検討経過
       (2)新病院に求められる機能・役割A
       (3)新病院の病床規模の考え方
       (4)住民アンケート調査結果

〇会議資料
〇会議録
 

[5]−4  委員勉強会


  • 日時   平成31年2月16日(土)午後2時
  • 場所   駒ヶ根市役所 第5会議室
  • 内容
       (1)平成30年度診療報酬改定の内容
       (2)公立病院改革について
       (3)公営企業繰出基準について
       (4)その他

〇出席者  委員13人、事務局3人

〇会議資料  

[5]−3  第2回あり方検討委員会


  • 日時   平成31年1月26日(土)午後2時
  • 場所   昭和伊南総合病院 講堂(6階)
  • 内容
       ・新病院に求められる機能・役割について

〇会議資料
〇会議録
 

[5]−2  第1回あり方検討委員会


  • 日時   平成30年12月15日(土) 午後2時
  • 場所   昭和伊南総合病院 講堂(6階)
  • 内容
       ・委員の委嘱
       ・組合長・院長あいさつ
       ・委員長・副委員長の選出
       ・会議事項
         (1)当委員会の位置づけ、運営方法等について
         (2)当院の沿革、現状、取り巻く環境等について

〇会議資料
〇会議録
 

[5]−1  伊南行政組合昭和伊南総合病院あり方検討委員会


 伊南行政組合は新病院建設に向けて「基本構想」の策定に着手します。この基本構想は、病院が目指すべき将来像や求められる役割、及びそれらを果たし得る機能やおおむねの規模など、理念や基本的な考え方で構成する予定で、計画づくりの中で最も重要なものとなります。
 そこで、外部委員で構成するあり方検討委員会を設置し、幅広い視点での議論・検討を経て、その意見・提言を基本構想に反映することとしました。
 あり方検討委員会は、医師・医師会、4市町村の議会代表・住民代表、関係機関、有識者等で構成され、平成31年秋頃まで数回開催し、検討結果は「提言書」にまとめられ伊南行政組合長あて提出される予定です。

〇あり方検討委員会設置要綱
〇委員名簿(令和元年6月1日現在)


このページトップへ戻る



[4] 新病院建設に関する住民アンケート調査の実施について


 

[4]−2  住民アンケート調査結果


〇昭和伊南総合病院の建て替えに関する住民アンケート調査結果(平成31年2月)
〇調査票(平成30年12月)
 

[4]−1  住民アンケート調査の実施について


 基本構想・基本計画策定の資料とするため、伊南地域住民の受療動向や新病院に望む機能などの意識についてアンケート調査を実施します。

  • 調査対象者
     4市町村(駒ヶ根市、飯島町、中川村、宮田村)の住民のうち
     1,000人を無作為抽出(市町村ごとの人数は人口規模で案分)
  • 調査期間
     発送予定 平成30年12月12日
     回答期限 平成30年12月25日
  • 調査内容
     当院利用の有無、日常の受療医療機関・その理由、伊南地域における
     基幹病院の必要性、新病院に望む診療機能・施設、望ましい経営形態 ほか
  • 調査結果
     結果集計・分析後、冊子にまとめて公表します。
  • 事務の委託
     このアンケート調査に関する事務は、アイテック株式会社に委託しています。


このページトップへ戻る



[3] (2018[H30].10.5)新病院基本構想・基本計画策定支援業務
に係る公募型プロポーザルの結果について


 審査の結果、アイテック株式会社(東京都中央区)を受託候補者として選定しました。

〇審査結果表
〇審査講評・審査委員名簿

このページトップへ戻る



[2] (2018[H30].8.28)新病院基本構想・基本計画策定支援業務
に係る公募型プロポーザル手続きの開始について


 新病院建設に係る基本構想・基本計画を策定するに当たり、
その支援業務の受託候補者を公募型プロポーザル方式により選定します。
公告 8月28日(火)
参加意思表明に関する質問期限 9月5日(水)午後5時
参加意思表明書提出期限 9月10日(月)午後5時
企画提案に関する質問期限 9月19日(水)午後5時
企画提案書提出期限 9月26日(水)午後5時
プレゼンテーション・ヒアリング 10月3日(水)
受託候補者の決定通知 10月5日(金)

〇公告
〇公募型プロポーザル実施要領
〇仕様書
〇参考資料
〇質問・回答書

このページトップへ戻る



[1] (2018[H30].2.19)新病院建設準備について


 当院は昭和58年(1983年)の移転開院から35年が経過し、施設の老朽化
対策や将来を見据えた病院機能の再構築に向けた抜本的な対応が急務となっています。
 第二次経営計画(平成26年度〜35年度)では、後期計画(平成31年度から
5年間)の中心的課題を新病院建設計画の推進と位置づけ、将来に渡り地域の安全・安心を
守る基幹病院として健全な経営体制を確立しながら質の高い医療を安定的・効率的に
提供していくことを目指しています。
 本日開催された伊南行政組合議会全員協議会において、平成30年度から
新病院の建設準備に着手する方針が確認され、今後のおおまかな日程案を示しました。



このページトップに戻る

Copyright © Syouwa-inan-byouin . All Right Reserved.
 地図はこちら